α6000君と行く初心者写真紀行

カメラ始めたての初心者が日々の活動とくだらない事をtwitter感覚で書き記します。

iPad Pro 12.9インチを選ぶ優位性の話

こんにちは、ネギです。(iPadアプリで文字色変える方法がわからん・・・)

 

iPad Pro第二世代、12.9インチをあらかた触ってみての感想というかインプレのような何かを書いていきたいと思います。

 

この記事では主にサイズ感について書くつもりです。

 

 

『でかい』

 

 

この一言につきます。

 

いやほんとにでかいですよこれ、思ってたのより迫力あります。

 

この『大きい』という点、人によってはデメリットになるかもしれませんが僕はメリットの方が断然多いと思います。

 

やたら強調してでかいとかいいましたが、でかすぎるわけではないんですよね。

 

まあ実際ちょっと触ってみてデメリットに感じた点もあるので少し書き出してみます。

 

 

12.9インチのここがいい!

・メディアの閲覧という点に於いて最強

          写真を撮る人や絵を描く人、映画等を観たいは迷いなくこのサイズをチョイスです、選択肢など無い。

 

・物理キーボードを接続しなくても割とイケる

          僕はキーボードを書いますが、あまり文字を打たないならなくてもいいです。電子キーボードを表示した状態でも充分なエリアを確保できます。しかもキーの大きさもかなり打ちやすいです。(参考画像参照)キーボード無い方が軽いしね。

f:id:negirider250:20170727215433p:image

 

・A4サイズに近いのでカバンに入る

          大きいとはいえ持ち運びに難くない絶妙なサイズです。

 

・split viewが便利

         iPadスマホに対する優位性として、split viewは大きな点だと考えます。

         split viewとはPCのように複数のアプリを並べて表示できる機能で、例えばSafariで調べた場所をマップで検索したりできるわけなんですが、12.9インチという大画面のおかげでアプリを並べて表示しても充分な視認性を確保できるわけです。

 

・1番かっこいい

          個人的な感想です。

 

 

12.9インチのここがダメ!

・重い

          勘違いしないでいただきたいのですが、これは『手に持って扱うデバイスとしては』重いという意味です。

          このサイズである事を考慮すればむしろ軽くて驚くレベルです、普通13インチなんて持って使えないから。でもiPadならできる。重いけど。

          手で持ちながら使うというのはちょっと難しいと思います、それはスマホの役割です。

 

・ベッドでの使用に微妙に適さない

          僕は仰向けに寝る人なんですが、この端末を仰向けの状態で掲げて使うのは恐怖です。

          落としたら眼鏡割れるし普通に怪我します。横向きになって使うのも少し大きすぎる印象です。

          この点は仰向けの状態で頭上に固定できるアームを導入して解決するつもりですのでその際はまた記事にします。

 

・ 目立つ

          僕は目立ちたがりなのでこれはメリットにもなり得るのですが、結構目立ちます。(自意識過剰なだけかも)

          人によっては取り出すのを躊躇う場面があるかもしれません、そういう意味での手軽さでは10.5インチに軍配が上がるかもですね。

 

 

こんなところでしょうか、まあ見ていただければわかるように致命的なデメリットというのは無いですね。

 

どれを買うか迷うし真ん中の10.5インチを買うかという人が多そうな気もしますが迷ったら是非12.9インチを選んで欲しいですね。

 

最後に一言だけ

 

 

おっpとタブレットに於いて大きいは正義!

 

ではでは〜